往診専門 SAYA鍼灸院 山本紗也加さん

2016年12月14日

先日、SOHO BOX 北浜のサロン『カモミール』で、

初めて鍼灸の施術を受けました。

 

治療してくれたのは、往診専門 SAYA鍼灸院 代表の山本紗也加さん。
15409648_1160750044009383_2157367_o

 

 

 

 

 

 

私のラジオ番組『夢叶隊』で2回放送に参加して下さった女性です。

小学生から大学卒業まで、カヌーの世界で活躍されていたアスリートです。

 

社会経験を積むため、大手セキュリティー会社へ就職。

この会社で、3年間の新規営業を経験。

その後、ご自分の夢を叶えるべく、活動している女性です。

 

私は、身体に針を刺すことに抵抗がありました。

ただ、彼女のことを信用していますし、

鍼灸を受けてみたいという気持ちがありましたので、

彼女の施術を体験したいと考えました。

 

彼女が持参してくれたトレーニングパンツに着替え、ベッドに横たわりました。

「まず仰向けになって下さい」

「どこか気になることはありますか?」

「いや、特にないんだけど、腰がちょっと気になるね」

「じゃ、全身の調整をしましょう」

と話され、始まりました。

 

ここでビックリしたこと。

身体に刺した針を少しの時間放置すると思っていたのですが、

どんどん針を刺していくのです。

『そんなに早く針を打って行けるのか。。。』と思い、

「打つの早いね。いつもそうなの?」と聞くと

「1本を打ってすぐ抜いてますから」

 

針を残していくものと思っていた私の考えが、

間違っていた事に気付きました。

 

ここで感じたこと。

『なんでそんなにすぐ、身体のツボが分かるの??』

いや、マジに早い。

次々に移動して行くのです。

 

そして「うつむけになって下さい」

今度は針を残している様子。

 

「電気を流してもいいですか?」

鍼灸での経験はありませんが、針以外では経験があり

「いいです」

 

sayaka.yamamoto

 

 

 

 

 

 

 

電気を流してもらい、

「感じますか?」

 

「分からないな」

「ちょっと電流を流しますね?」

「あっ」

「感じました?」

「うん」

 

時間が経つと感覚が緩くなります。

「感じなくなったよ」

「じゃぁ、ちょっと上げてみますね」

「あっ、感じる」

 

とても気持ちが良かったのです。

 

「お灸、据えてみます?」

見せてもらうと想像していたものよりずいぶん小さなもの。

 

小さな頃に悪さをすると、よくすえられた記憶がよみがえりました。

「熱くなったら、すぐに外しますから」

ということで、久しぶりにお灸体験。

 

あまり熱さを感じることなく、思っていたより短い時間で終了。

 

そして針を抜いてマッサージに移りました。

 

これがすごい!

今まで体験したことがない位、気持ち良いのです。

 

翌日、身体が軽くなったように感じました。

 

彼女の鍼灸とマッサージ。

針に抵抗のある方にもお勧めできます。

 

SAYA鍼灸院への連絡は

38shinkyu@gmail.com

又は

070-5653-1552

までどうぞ。